広島県

煮穴子とふんわり卵のソテー

しっかり美味しい、ふんわり美味しいおつまみが誕生!
広島県の特産・煮穴子と、卵を一緒にソテーしてみました。 穴子には筋肉の主材料となるたんぱく質をはじめ、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。 味にメリハリがあるのは、隠し味のにんにくとオイスターソースのなせる技。 ふんわりした食感に、濃厚な味付けでしっかり美味しい、お酒が進む逸品です。

材料

<2人分>
煮穴子 1尾(100g)
2個
┗塩・こしょう 少々
みつば 5本
日本酒 大さじ1
本みりん 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/2
すりおろしにんにく 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1

作り方

1 煮穴子は1cm幅に切る。卵は溶いて塩・こしょうを入れておく。みつばは3cmに切り、茎と葉の部分をわけておく。

2 フライパンに油を熱し、①の卵をふんわりと炒め(混ぜすぎない)、器に取り出しておく。

3 同じフライパンに①の煮穴子とみつばの茎部分、を入れて加熱し、味が馴染んだら②を加えサッと炒め器に盛る。最後にみつばの葉を飾る。

*卵が入ることで彩りがよくなるうえ、ボリュームも充実します。

このおつまみにおすすめの日本酒

  • 熟成タイプ
    美和桜 純米酒

    純米酒は食中酒に優れていて、それぞれの食材の個性を引き出してくれます。

    美和桜酒造 有限会社
    http://www.miwasakura.co.jp
  • コクのあるタイプ
    龍勢 和みの辛口 特別純米

    滋味深く味わいある辛口のお酒がコクのある料理にマッチします。

    藤井酒造 株式会社
    https://www.fujiishuzou.com/
  • コクのあるタイプ
    賀茂泉 純米吟醸 朱泉本仕込

    おろしにんにくとオイスターソースで、コクとボリューム感がアップした煮穴子の旨みを、芳醇で米の旨み豊かな朱泉本仕込の含味がしっかりと受け止めます。お酒はぬるめのお燗でどうぞ。

    賀茂泉酒造 株式会社
    http://www.kamoizumi.co.jp

このレシピをシェアする

みんなのコメント・レビュー

  1. Art Fiora より:

    I am truly pleased to read this web site posts which contains lots of valuable information, thanks for providing these statistics.

このレシピを見た人が見ているレシピ